探偵の愚痴
HOME
最初の探偵事務所
矛盾
訳のわからない
学校
学んだこと
運営ならず
閉鎖の日
新しい就職先

探偵にあこがれて、名古屋にでてきて5年。
ぼくの夢は、1年もたたず、あっという間に打ち砕かれたというのに、いまだにこの仕事を辞められずにいる、気がよわ過ぎ?
そんなことは分かっている。



 HOME

今日もあいつはえらそうだった!!!
上から目線とか、そんな程度のものじゃない。
どちらかといえば、ぶつけようのないイライラをぼくにぶつけてくる、的な?

そんなあいつの元なんて、すぐに離れてしまえばいいのに。
人のイライラは、自分にも感染してくるからやっかいだ。
それでも、あいつのもとを離れようとしない自分もいるのだ。

なんでかって?
腕だけは、たぶん本物。
洞察力とか判断力とか、運転技術とか、様々な面でそれを感じた。
ド素人だったぼくでさえ、それがわかってしまうくらい。

ぼくがあいつに勝てるとしたら、唯一、雪道の運転くらい?
岐阜の奥地で育ったぼくは、免許をとってすぐ、雪道との戦いだったから。
ぼくの地元では、就職の決まった人の多くは、高校3年の1月から教習所に通うことが多い。

そして、就職を機に、名古屋に出てくる人も少なくないのだ。
まれに東京とか大阪まで行ってしまうやつもいるが。
当然、ぼくは学校を通じて就職を探したわけではない。
どうしても、名古屋で探偵の勉強をしたくて、探したのだ。

ハローワークの求人で、見つけたときは、信じられない気持ちになった。
そんなところに求人を出すなんて、まさか、というような。
ぼくにとっては、“名古屋で探偵になる運命”のように感じてしまったんだ。
いまでも、たぶん運命だったのかな、と思ってはいるけれど。

実はぼく、最初は名古屋の探偵学校に行こうかと思っていたのだけれど、両親から猛反対。
担任からも、
「なにを考えている?」
と、呆れられる始末。

学校について、ネットで調べたぼくは、その金額にかなり驚いた。
独立して開業サポートまで含めると、年収に近い金額を記載しているところまであったのだ。
それで、探偵の仕事をしながらお金を貯め、いつか学校に行くんだ、という強い気持ちを持ってしまった。

ハローワークでみつけて就職したところでは、2年勤めた。
あいつのもとに来て、3年。
ぼくは学校に行くことはすでにあきらめていた。
というか、学校へ行くことは、それほど重要でない、ということが分かってしまったから。
それより重要なのは、この業界で生きて行くための人脈だ。
あとは、相談の電話をかけてもらうため、他の事務所との差別化を図ること。

それは、明確な価格表示だったり、わかりやすいホームページの作成だったり。
人が安心して、ここなら調査を頼める、と思わせるようななにか。

ぼくの頭の中に、アイデアだけはいっぱいなのだけれど、それを形にするまで、まだ何年もかかりそうだ。
ぼくに一番足りないものは、実現力と、思い切りだったらどうしよう、と迷い始めた今日このごろ。

あいつとの戦いだけで、ぼくの探偵人生を終わりたくない!!!

ここにいる間、なるべくあいつから、ノウハウを盗みとってやろう、と闘士を燃やしつつ、今日も出勤するとするかな。
 新着情報
ズワイガニってプランクトンや、オキアミなんかを食べます。それから、紳で海底に沈んできた魚、クモヒトデ、エビ、イカ、ゴカイを食べて生きています。海底に敵はほとんどいませんので、人間が一番の強敵なんですよ。カニはカニでも、小さなカニのオオシロピンノは、とても小さなカニで、大きくても1センチぐらいです。このカニは、飼いの中に入り込んで、貝のえさを横取りしながら生活しています。貝の中に入っているのは、メスで、オスは小さいですが、貝の外で暮らしていて、繁殖の時だけ、貝の中に入りこみ、出てきます。以前、生牡蠣を食べようとしたら、ちいさなカニが、慌てて出てきました。とってもかわいらしい透明感のあるつるっとしたかにで、はさみが小さかったです。カニって一口で言っても、こんな小さくて他の生き物に頼って生きているカニもいれば、海底で悠々と暮らしてイルカにもいるんですね。越前ガニを通販で買ったときは、甲羅にカニビルがついていて、カニに寄生して生きているんだって思ったんですが、カニが貝に寄生して生きる場合なんてこともあるんですね。生き物のつながりって面白いです。しらす干しを買って食べるとたまに、ちいさなエビ、イカ、そして、ちいさなカニが入っていますが、ちいさな生き物は生きるために、自分ひとりでは天敵が多すぎるから、安全な生き物にくっついて生きるっていう知恵を持つようになったんですね。

人生には納戸も迷ったり、どうしていいか分からないぐらい行きずまったりする事があります。そんな時、中のいい友達や親に相談できればいいんですが、相談できないこともありますよね。でもどうしていいか分からず悩んでいるなら、占いに頼って、相談してみるのも手です。電話占いなら相手と顔を合わせるわけでもなく、プライベートでつながりもないので、逆に本音を全部言えちゃったりします。で、心の奥まで見通したりできる霊感の強い占い師さんだと、本当にいいアドバイスをくれたり、自分の今の状況をしっかりと教えてくれたりして、元気やパワーをくれるそうです。悩んだり不安になったりするのって、どうしたらいいか分からない、不安の元が分からない、見えないこと、分からない事が一番原因です。なのではっきりと物が見えるようになると、方向性が分かってきます。例えば、彼から最近そっけない感じで不安でしょうがないって時は、彼が何でそっけなくなったのかの理由が分かると、どうしたらいいかが分かってきます。自分から動いたらいいのか、辛抱強くまったらいいのか、それとも、分かれようと思って距離をとっているのか。人の心なんて本当に分かりません。たまに分かりやすい人もいますが(笑)

お古にあまりいい印象がない私ですが初めてお古を貰ったのは歳の離れた兄のパーカーを貰ったときでした。その時私は中学2年生だったのですが、それまで女の子だからという意思もあり、男の兄からお下がりなんてもらえないと思っていましたし男の子の服は大きいから着れないと思い込んでいました。ましてやたとえ家族だったとしてもお下がりと言うのは気分がいいものではないですよね。中古パソコンのような身につけるものでなくても触るというだけでお古は気になります。潔癖症とまでは行きませんが最低限のマナーと思ってしまうからです。しかし一度兄のパーカーを着た時にいがいにぴったりはまってしまったこともあり、悪くないと思いました。全くの赤の他人だったらもっと嫌悪感を抱いたのかもしれませんが家族だったのもあるんですが問題なく着る事ができました。サイズもデザインも私の服装に割りと合っていてよかったなと思いました。もしこれが姉だったらきっと私はよく服を借りていたんだろうなあとしみじみ思います。兄だから結局小さくなったアウターやTシャツを貰う程度になってしまいます。まあやはり男の子が選ぶデザインなのでいやなものはいやなんですけどね(笑)いいものだけをチョイスしてこれからもお古を活用していきたいと思いました。

探偵というものはテレビで活躍しているのを見たりする方も多いかと思われます。警察などの前で推理をして、犯人を当てる、そんな職業にあこがれている方も多いかと思われます。名古屋の探偵ではアルバイトを募集しております。空いている時間を使ってアルバイトをすることができます。探偵http://www.st-nagoya.jp/スタッフとして人に関わる情報や調査などに興味がある方などが向いているアルバイトです。結構高額なアルバイトで、主に聞き込みや張り込み、尾行など、決して楽な仕事とはいえません、自信のある方でなければなかなか勤まらない仕事ですね。思ったより地味と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、そういった仕事が基本の仕事です。その代わり、高収入で、交通費、移動費、そのたの経費を全額支給してくれます。未経験者でも体力や精神力がある方で普通免許取得されているかたなら誰でもすることが可能です。しっかりとした研修もあるので、初めてで自信がないという方でも大丈夫です。体力や精神力に自信を持っている方は一度やってみてはいかがでしょうか。してみると案外がんばれそうと思われる方もいるかもしれません、体力勝負で高収入の仕事なのでやってみてはいかがでしょう。











 
Copyright(C) 探偵の愚痴